不用品を「買取」してもらえる場所

不用品を買い取ってくれるお店

不用品を集めたり売ったりすることで利益を得るという部分が含まれるということにおいては「不用品回収業」でも「不用品買い取り」でも許可などはほとんど同じなのですが、「不用品買い取り」の場合、店舗となる場所を用意して、営業していく点が異なります。「不用品買い取り」の場合、皆さんのイメージとして思い浮かぶのは「リサイクルショップ」でしょう。
基本的にはお客さんからの買い取りや「古物市場」での競り落としなどで不用品を確保していき、それらを売ることで利益を得るというサイクルで経営がされています。
必ずしも実店舗が必要というわけではなく、インターネット上に店舗を用意して、売りたいお客さんと買いたいお客さんをつなげるというスタイルも、広く使われるようになってきました。
古着のネット通販などはその代表的な成功例と言えますね。

開業に必要な資格などはあるのか

不用品買い取り業の場合は「古物商許可」が必要です。
なぜなら、不用品の売買が前提となるのであれば、それらは「古物商許可」を取得していなければできないことだからです。
また、それだけでなく、不用品買い取り業者の場合、古物商許可が必要な理由がもう一つあります。
それは、先の項で少しだけ触れた「古物市場」に参加するための許可証としての必要性です。
古物市場とは、言うなれば不用品のオークションのことなのですが、オークションへの参加、古物市場への入場は、古物商許可を有していなければ認められません。
そんな古物市場で行われるオーディションへの参加者は、当然ながら皆古物商許可を有しており、ガラクタやゴミみたいなものは出品されません。
それどころか、ある程度以上の価値があるものが出品されるので、クオリティの高い不用品が並ぶ店舗を実現するなら、古物市場での仕入れと、そこでの情報収集は欠かせない要素なのです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ