不用品回収と買取の違いと比較をしよう

不用品回収業の概要

「不用品回収業」とは、文字通り、家庭などで不要となった物品を回収して、その手数料を利益として経営をしている業者のことを言います。
皆さんの街でも「ご家庭で、不要になった家電や生活用品、家具などは、ありませんか?回収いたします…」などとスピーカーで放送しながら軽トラックを走らせている業者を見かけたことはありませんでしょうか?
あれも、「不用品回収」の一種です。
ちなみに、不用品とは法律的には「廃棄物」となるので、ゴミも廃棄物であり、不用品とも言えますが、家庭ゴミにしても産業廃棄物にしても、回収と処分には行政の許可が必要となります。
これは、不法投棄や不公正な利益獲得などが横行するのを防ぐためにとられている仕組みなのです。

必要な資格を知る

まず、廃棄物というものは、法律的には家庭から出る「一般廃棄物」と法人が排出する「産業廃棄物」の二種類で大別できます。
そして、回収業を行う場合は、主に収集運搬を行うための「一般・産業廃棄物収集運搬許可」や、金属クズ回収の際には必要となる地域が多い「金属くず商許可(ただしこれは各地域によって差のある「条例」であり「法律」ではないので、所持している業者はより信用度が高いということになります)、自動車であちこちを巡りながらスピーカーで音を流すには「道路使用許可」も必要で、これは通過する日の申告やスピーカーを搭載する車体の改造状況の検査などもクリアしなければなりません。
そして回収した不用品を「買い取る」のであれば、それは「古物商」の許可が要ります。
古物商許可については、次のページでより詳しく解説していく予定です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ