大量の処分品がある場合は不用品回収と不用品買取どっちがいい?

不用品回収と買取の使い分けを考えるサイト

不用品を「回収」するお仕事

このサイトでは、不用品を取り扱う業種の中でも、不用品を「回収していく」という「不用品回収業」と、不用品を「買い取る」「売る」という「不用品買取業者」は、同じ不用品を取り扱う業種でもどういった部分が異なるのか、必要な資格や技術に違いはあるのか、そして、自分自身がお客さんの立場として使う場合は、どういった点に気を付けつつ、使い分けていくことで、有効活用できるのか、そういったことを解説していくことを目的にしています。
「リサイクル社会へ」「限りある資源を有効活用しよう」と社会全体で呼びかけられるようになってから、随分と時間が経ちました。
現在、ペットボトルの回収やゴミの分別は当たり前になってきましたし、服や日用品などで不要になったものは、古着屋やリサイクルショップに売るということも、一般的なライフスタイルとして受け入れられていますよね。
さて、そんな不用品の売り払い先、引き払い先として活用されているのが「不用品回収業者」と「不用品買取業者」なのですが、皆さんはこれら2つの業者を使い分けたりしていますでしょうか?
それとも、あまり意識したことは無いでしょうか?
確かにこの2業種は、似たところも結構ありますが、違いもまた確かに存在しています。
収入が増えにくい現代では、できるだけ出費や手間を抑えていきたいもの。
だからこそ、これらの「回収業者」と「買取業者」の違いを押さえて、シチュエーションに合わせたお得な使い方、効果的な利用方法について、一緒に考えていくことにしましょう。

不用品回収と買取の違いと比較をしよう

まず、最初の1ページ目においては、世の中にたくさん存在する(日々生まれ続けてもいる)不用品を「回収」することを仕事としている業者の概要や、法律的な定義や、日々の仕事の内容、利益の出し方などを解説していき、要素の1つ目を理解して頂ければと思います。

不用品を「買取」してもらえる場所

次に、2番目のページにおいては、世の中に存在する不用品を「お店で買い取る」という業種について、1ページ目の「不用品回収業者」と同じような、出来るだけ分かりやすい構成で、その内容や必要な資格なども含めて解説していき、3ページ目がより深く考えて頂けると思います。

「買取」と「回収」の比較をしよう

最後の3ページ目においては、いよいよこのサイトの本題である、不用品が発生した場合「不用品回収業者」と「不用品買取店」のどちらに依頼するのがお得なのか、あるいはスムーズに引き取ってもらえるのか、という比較の部分について解説していきたいと思います。